効果を実感!コエンザイムQ10サプリ徹底分析コエンザイムQ10のすべてをキューテン博士がわかりやすく解説!
博士が選ぶ!コエンザイムQ10サプリBEST5
ユビキノール・キューテン博士
助手 ユビキノンちゃん

ユビキノール・キューテン博士

助手 ユビキノンちゃん

コエンザイムQは何歳から利用するのがいい?

コエンザイムQは、ここ数年の間に非常に人気の高いサプリメントとして愛用する人が増えました。まだまだ可能性のある成分なのですが、多くの人がその効果を実感しているようです。

しかしながら、このサプリメントは何歳から利用するのがベストなのかについて知りたい人も多いと思います。ここでは、コエンザイムQは何歳から利用するのがいいのか?について解説します。

コエンザイムQは何歳から利用するのが正解?

コエンザイムQが、サプリメントとして愛用されるようになって久しいですが、多くの利用者は、エイジングケア効果や美肌効果、抗酸化作用、体力維持といった、いわゆる美容や健康面への効果を期待しています。

そして、実際に愛用している人に聞いてみると、その効果を実感している人が多く、「若々しく見られるようになった」「肌がツルツルしてきて化粧のノリが良い」「だるさがつらくて仕方なくて藁を掴むような気持ちで飲みはじめたら、不思議なことに体がグッと軽くなった」などの口コミがあちこちで見られます。

補酵素であるコエンザイムQがここまで人気なのは、愛用者の期待に応えているからだと思います。

しかしながら、はじめて利用する人が気になるのは、何歳から飲めるものなのか?ということです。

コエンザイムQを利用する際の年令による規定がないので、ここではいろんな観点から考察してみようと思います。

コエンザイムQは子どもでも飲めるの?

サプリメントを飲もうと思ったときに、例えばそれがビタミンCなら何歳からでも飲めると誰もが思うはずです。

なぜなら、ビタミンCの安全性がしっかり確立されていて、かつ、普段の食事から摂取している栄養成分だからです。

そしてビタミンCは摂り過ぎたら余分な分は排出されるので、なんの心配もなく飲むことが出来ますから、親も安心して子どもにも飲ませるはずです。

ただ、これがコエンザイムQとなると話は別です。ビタミンCと異なり、ここ数年で爆発的な人気となっており、その効果を感じている人も多いということで使用者は増え続けてはいますが、子どもに積極的に飲ませるかというと、そこは迷うところです。そこまでの知識を持ち合わせていない人が多いからだと思います。

結論から申しますと、コエンザイムQは子どもには飲ませる必要のないサプリメントです。

実は、コエンザイムQという成分は、人間の体内で生成することが出来るビタミン様の物質で、子どものうちは体内でどんどん生成できるものです。それが、大人になると生成できる量が加齢とともに減少していくので、サプリメントで補う必要があるわけです。

加えて、コエンザイムQを子どもが使ったデータがほとんどなく、そこにどんな効果が見られてどんな副作用があるのか、といったことが解らないのです。

コエンザイムQには多くの効果がありますから、子どもにも飲ませたいという気持ちも理解できますし、また、子ども自身が興味を持つこともあるでしょう。しかし、前述したように子どもは自分で生成できるので、利用する必要はありません。

コエンザイムQは20歳になってから利用しよう

コエンザイムQを利用するなら、様々な観点から考えて20歳になってからが良いと思います。諸説ありますが、お肌のピークは18歳~20歳で、その後少しずつ衰えて行くと言われます。

ですので、美肌効果を求めるのであれば、20歳になってからコエンザイムQを利用し始めても十分に間に合います。

また、抗酸化作用に期待して若さを維持したいとか、体の怠さをどうにかしたいとか、そんなお悩みを抱えるのは、やはり20歳以降であるはずです。必要性を感じて飲みはじめても全く遅くはありません。コエンザイムQは20歳から利用しましょう。

なお、40代・50代以降に飲みはじめたら効果がないのか?といえばそうじゃありません。

その年代に飲みはじめたとしても、効果を感じている人は多くいますので、20歳を超えていれば、いつから飲みはじめても遅くはありません。

キューテン博士おすすめCoQ10サプリ
PAGE TOP