効果を実感!コエンザイムQ10サプリ徹底分析コエンザイムQ10のすべてをキューテン博士がわかりやすく解説!
博士が選ぶ!コエンザイムQ10サプリBEST5
ユビキノール・キューテン博士
助手 ユビキノンちゃん

ユビキノール・キューテン博士

助手 ユビキノンちゃん

相性の良い成分・悪い成分

CoQ10には相性の良い成分と悪い成分があります。ローヤルゼリーなど一緒に摂取することで相乗効果が得られるおすすめの組み合わせを紹介します。

相乗効果が得られる飲み合わせとは

CoQ10には、相性の良い成分、相性の悪い成分があります。一緒に摂ると相乗効果で効果が高まるものがある一方で、一緒に摂ると効果を半減させてしまう可能性のものもあるので、十分に気を付けたいものです。

相性の良い成分、悪い成分を知っておけばサプリ選びにも役立ちます。それぞれの成分を紹介するので参考にしてください。

相性の良い成分

●ローヤルゼリー

女王蜂の生命力の源としておなじみのローヤルゼリー。アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素が詰まっています。これだけでも十分なほどの成分ですが、CoQ10と一緒に摂取することでローヤルゼリーの豊富な栄養素がコエンザイムQ10のエネルギー変換を効果的に高めてくれます。

●セサミン

ゴマに含まれているセサミンには、抗酸化作用や生活習慣病予防、更年期障害対策などの効果が期待できます。小さなゴマの中に栄養がぎゅっと凝縮されているため、摂取することで体の調子を整えることができます。CoQ10と栄養豊富なセサミンは相性が良く、一緒に摂取することで相乗効果により高い作用を期待することができます。

●紅蔘

紅蔘は高麗人参を蒸したあとに熱風乾燥させたもの。酸化や老化を予防する効果や全身の血流を改善する効果がCoQ10との相乗効果によりさらに向上します。慢性の冷えや肩こり、腰痛、関節痛などに紅蔘とコエンザイムQ10が効きます。

●核酸

細胞の生まれ変わりをサポートしてくれる成分である核酸(DNA)は、エネルギーを生み出すCoQ10と相性抜群です。どちらも美容と健康維持に役立つ成分のため、一緒に摂取することで毎日を元気に過ごすことができます。

●クエン酸

体内でのエネルギー生成や疲労回復に関わっているクエン酸は、CoQ10と同じく血流促進などの効果があります。特に疲労が取れないときはクエン酸を多く摂取しましょう。体内でエネルギーを生み出している工場(TCA)を活性化させる働きで、体が元気を取り戻します。

相乗効果が期待できるコエンザイムQ10サプリをチェック>>

相性の悪い成分

●キチンキトサン

CoQ10と飲み合わせが悪い成分として有名なのがキチンキトサンです。CoQ10は脂溶性なのですが、キチンキトサンは脂の吸収を抑えて脂肪を付きにくくしてしまいます。そのためこの2つを同時摂取するとお互いに反発し、効果が半減してしますので、一緒に摂取しないように気を付けましょう。

●病気の常備薬

成分ではないのですが気を付けたいものが心臓疾患による薬や高コレステロール結晶の薬(スタチン・メバロチンなど)、血圧降下の薬、血栓予防の薬です。すでに医師によって処方されている薬がある場合、CoQ10を摂取することで必要以上に働いてしまったり効果を打ち消したりしてしまうことがあります。体に良いCoQ10も飲み合わせによっては悪影響となってしまうので、常備薬がある方は医師に相談をしたうえで摂取してください。

PAGE TOP