効果を実感!コエンザイムQ10サプリ徹底分析コエンザイムQ10のすべてをキューテン博士がわかりやすく解説!
博士が選ぶ!コエンザイムQ10サプリBEST5
ユビキノール・キューテン博士
助手 ユビキノンちゃん

ユビキノール・キューテン博士

助手 ユビキノンちゃん

動脈硬化

さまざまな疾患の原因となりやすい動脈硬化にコエンザイムQ10サプリが効きます。なぜ動脈硬化を改善できるのか、理由を紹介します。

コエンザイムQ10の動脈硬化予防効果

めまいがする男性年齢とともにリスクが高まる動脈硬化を予防するのに、コエンザイムQ10のサプリが役立ちます。

動脈は体の隅々まで酸素や栄養素を運ぶ役割を果たしています。ですが年齢とともにだんだんと老化して弾力や機能が低下し、動脈が硬くなったり血液の流れが悪くなったりします。この状態を動脈硬化と言います。

放っておくと脳卒中や狭心症、心筋梗塞といった病気を引き起こす可能性があるため、動脈硬化にならないように日頃から予防することが大切です。この動脈硬化の予防にもコエンザイムQ10が活躍してくれます。

では、コエンザイムQ10がどのように作用するのかを紹介します。

血液の流れを良くして血管を詰まりにくくする

動脈硬化を病名と思っている方が多いですが、血管の病的な状態のことを指しています。動脈の壁が厚く硬くなることを総称して「動脈硬化」と呼び、狭くなった動脈内では血流が流れにくくなり、脳細胞などに障害を受けやすくなります。

動脈硬化が起こる原因は様々です。男性に多いと言われ、高血圧症、肥満、糖尿病、喫煙、高脂血症などの要因がありますが、加齢も要因もあり、誰でも歳を取ると動脈硬化が進行しやすくなると言えます。

ではどうしたら動脈硬化を予防できるかというと、血液の流れを良くして血管の詰まりをなくすことです。血管壁にコレステロールが付着すると血管が狭くなりやすくなるので、普段から血液の中にコレステロールなどの脂質が多くならないように気を付けます。

コエンザイムQ10はコレステロールを抑制する効果と、血液の流れを良くする効果があります。血管内のコレステロールを抑制するため血管壁に付着しにくくなり、また流れを良くすることで詰まりにくくなります。この効果は動脈硬化だけでなく肥満などの生活習慣病においてとても良い予防・改善効果です。

加齢によってどうしても血液の流れが悪くなり、さまざまな疾患リスクを負いやすくなるので、コエンザイムQ10を積極的に摂取してリスクを少しでも取り除いていきましょう。ただし、既に動脈硬化の薬を服用している場合は、医師と相談のうえでサプリを使用するようにしてください。

動脈硬化に関する口コミ評判

ダイヤ7~8年コエンザイムQ10サプリを愛飲しています。65歳という年齢の割に元気にスポーツを楽しんでいます。先日は血管年齢が50~54歳と言われました。これからもずっとお世話になりたいサプリです。

ダイヤ1年前に血流のチェックをしてもらったところ、流れが悪いとの指摘を受けてコエンザイムQ10のサプリを飲み始めました。先日再度血流検査をしてもらったのですが、今度はサラサラになっていました。飲んで良かったなと思います。

ダイヤ持病で通院をしているのですが、栄養士さんからサプリを勧められて飲み始めました。コエンザイムQ10を摂り始めてから1ヶ月ぐらいですが、病院の血液検査で先生から非常に良い状態だと言われました。自分でも疲れにくなったり肌がキレイになったりと効果をしっかり実感できているので、これからも続けていきたいです。

動脈硬化予防におすすめのコエンザイムQ10サプリBEST5>>

動脈硬化が進んでしまうとどうなるか?

動脈硬化という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。動脈硬化とは、簡単に言えば動脈が固くなって血液をうまく前進に送り届けることができなくなることです。結果的に心臓に負担をかけてしまったり臓器が正しく機能しなくなる…と言った症状が出ます。

今回は、動脈硬化が進んでしまったらどういった症状がでるのか、また、動脈の役割についてまとめました。

動脈硬化とは?

動脈硬化は、壁の肥厚、硬化、改築を示したすべての動脈病変の総称で、粥状硬化、小・細動脈硬化、Monckeberg型硬化に分類されるが、臨床病理学的に重要なのは前2者である。この両者の成り立ちの基本は、内膜における増殖と滲入であり、増殖とは内膜細胞myo-intimalcellsの増殖とこの細胞による基質や線維の形成で、滲入Insudationとは内膜におけるリポ蛋白などを有する血漿のしみ込みとうつ滞で、これはDoerr2)のgetstorteplasmatischePerfusionにあたる。この増殖と滲入のさまざまな組み合わせにより、いろいろなタイプの動脈硬化が成り立つ。

出典:『動脈硬化の発生』大根田玄寿, 吉田洋二, 鈴木慶二
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jat1973/1/1/1_1_3/_pdf/-char/ja

文献からわかるように、動脈硬化と言うのは硬化だけでなく、壁の肥厚や改築など、色々な動脈病変の総称を指しています。動脈が固くなると、血管の内側が弱くなる(もろくなる)ので、粥腫(じゅくしゅ)と言うものができます。

粥腫というのは、血管の内膜にコレステロールが沈着して塊になっている状態で、お粥のような柔らかい塊になることから、この名前がつきました。

粥腫ができると、血管の中が狭くなってしまうだけでなく、詰まりの原因になってしまうので、血液の通り道が狭くなってしまいます。それだけではなく、粥腫がはがれてしまうと血液の中を通ってしまうので、余計に血管に詰まりを起こしてしまいます。

古い水道管をイメージしてもらうとわかりやすいのですが、古い水道管は、水の通り道にサビがついていますよね。このサビがここでいう粥腫と同じイメージです。そして、そのサビが水と一緒にはがれて流れてしまうイメージです。

動脈がかたくなるとどうなる?

動脈硬化は、死につながる症状を引き起こす可能性もあります。具体的に動脈硬化が進むとどういった症状が出るのかまとめました。

心臓に負担がかかる

動脈硬化が起きて、血流の流れが悪くなると、心臓に大きな負担がかかってしまいます。そうなると、心肥大や心不全、高血圧などの症状が起こります。

体の臓器や組織が正常に働かなくなったり壊死する

血管が狭くなって詰まりが起こりやすくなるので、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などの症状が起こります。

血管が破れやすくなる

血管が破れてしまうと、くも膜下出血などの脳出血の危険性もあります。

動脈の役割

そもそも動脈とはどのような働きをするか知っていますか?
血管には動脈と静脈があります。

動脈

心臓から送り出される血液を、体全体に運ぶパイプのような働きを持っています。
動脈血と呼ばれる酸素濃度が高い血液が通っており、細胞に栄養や酸素を運ぶ働きを持っています。

静脈

臓器や組織から心臓に向かって血液を戻す血管の事です。
動脈血に比べて、静脈血という酸素濃度が低い血液が通っており、死んだ細胞や老廃物などのゴミを回収する働きを持っています。

人間の体の中で一番太い血管は、心臓から血液を送り出す大動脈と、心臓に血液が流れ込む大静脈です。動脈は、血液を運ぶだけではなく、心臓に向かって血液を押し戻すなど、その時の状況によって働きを変えます。

つまり、動脈はただの管ではなく、破れにくい・詰まりにくい・血管自体に強さがある・弾力性があるなどの特徴があるのです。

キューテン博士おすすめCoQ10サプリ
PAGE TOP