効果を実感!コエンザイムQ10サプリ徹底分析コエンザイムQ10のすべてをキューテン博士がわかりやすく解説!
博士が選ぶ!コエンザイムQ10サプリBEST5
ユビキノール・キューテン博士
助手 ユビキノンちゃん

ユビキノール・キューテン博士

助手 ユビキノンちゃん

冷え性

手足が冷えて辛い「冷え性」にCoQ10サプリが効果的。なぜ冷え性にCoQ10が効くのか、その理由と実感した方の口コミをまとめて紹介します。

コエンザイムQ10の冷え性改善効果

冷え性に悩む女性女性に多い悩みの一つに冷え性が挙げられます。冷え性は手先や足先をはじめ末端神経が冷たくなる症状が特徴的ですが、そのほかにも肩こりや不眠、むくみ、肥満、うつ、婦人科系の病気を引き起こす要因となるため、放置せずに治すようにしたいものです。

CoQ10を摂取すると、この辛い冷え性を改善することができます。なぜCoQ10が冷え性に効果をもたらすのかを解説します。

血液の流れを良くして、手足をぽかぽかに

冷え性になってしまう原因には、血行不良が考えられます。筋肉量が少なかったり毛細血管が収縮していたり、低血圧や自律神経が乱れることで全身の隅々まで血液が上手く循環しなくなるのです。

冷え性を治すには体の血液の流れを良くしてあげること。そのためには冷え性対策としての運動や入浴、にんにくやしょうがなどを使った料理で体を温めてあげると良いと言われています。

CoQ10は摂取すると心機能が高まる効果があるため、送り出す血液量が増えて全身の血の巡りがとても良くなります。そのため体がぽかぽかと暖まり、冷え性で手足が冷たい方も血行障害が緩和されることで症状が改善。CoQ10を摂取した方の実際の口コミでも、辛い手足の冷えがなくなり、夜もぐっすりと眠れるようになったという方が多いようです。

冷え性に関する口コミ評判

ダイヤ美肌効果が目的だったのですが、CoQ10のサプリを飲んでから冷え性が改善されました。そのおかげか夜はぐっすりと眠ることができて睡眠の質も改善されました。体調が良くなり肌もキレイになったりと、嬉しいことばかりです。

ダイヤ子どもの頃からずっと足の先が冷たくて眠りにつくのが大変でした。CoQ10を飲み始めて10年経ちますが、今では冬になっても毛布を使わないでいいほど血流が良くなり、手足がぽかぽかと温かいままに。朝もすっきりと起きることができます。年齢とともに血流が悪くなるというから、早めにケアしておいて良かったと今では思っています。

ダイヤ悩んでいた冷え性が飲み始めてからとても良くなりました。体が元気になりお腹に力が入れられるというか、体幹からしっかりしてきた気がします。寝起きも元気になり朝から絶好調です。家事全般も一気にこなせるようになりました。

冷え性改善におすすめコエンザイムQ10サプリBEST5>>

冷え性を改善しないと怖いかも…

冷え性は男性よりも女性の方が多いといわれています。その理由は、男性よりも平熱が0.3~0.5度ほど低いことと、熱を出す筋肉よりも、熱を出さない脂肪のほうが多いからです。身体の指先や足先などの末端の血液を心臓に戻す働きがある筋肉が少ないので、男性よりも女性は冷えやすいのです。

冷え症は身体の末梢部が異常に冷たく感じそのために不眠などの不快な症状を訴えるもので,冬期に多く経験される。交感神経の緊張亢進により末梢の血管が収縮し,血流量が低下している状態とされている。原因については,女性ホルモンの異常や遺伝的な要因,ストレスの関与が指摘されている。従来冷え症は更年期女性の愁訴とされていたが,若い女性にも多く見られることが近年明らかになっている。東洋医学では,冷えの症状は瘀血とされ,循環機能の低下により内臓に血液が溜まった疾患とされてきた。

出典:『冷え症の定義,測定 - 京都大学学術情報リポジトリ』京都大学
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/108552/1/KenkoKagaku_6_57.pdf#search=%27%E5%86%B7%E3%81%88%E6%80%A7+%E6%96%87%E7%8C%AE%27

生活習慣病やがん

冷えが原因で起こる可能性がある病気として、生活習慣病やがんが挙げられます。人間の身体は効率よく代謝が行えるように、触媒として酵素が働いています。この酵素は、体温が37℃前後でしっかり働くといわれているので、冷え性の場合は、酵素の働きが悪い人が多いです。酵素の働きが悪いと、代謝が乱れるだけでなく、物質の合成や不要となったものを排出する働きが悪くなるので、身体にとても悪影響を及ぼします。がんや糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の中には、代謝異常が原因となっている疾患が多く含まれているので、冷えは病気の原因にもなり得るのです。

生理

生理に関するトラブルは様々あります。子宮筋腫や卵巣のう腫などの子宮や卵巣に起こる病気の多くは、冷えが原因といわれています。 私たちに身近な生理痛も、冷えが原因になっているといわれています。 生理というのは、子宮を収縮させることで剥がれ落ちた子宮内膜を体外に押し出す役割があり、この時に強い収縮が起きると痛みにつながります。 身体が冷えて骨盤中の血流が滞ってしまうと、収縮を促す物質が過剰に分泌されて、痛みがひどくなる傾向があるのです。生理痛を和らげるためには、お腹周りを温めて、血液の循環を良くすることが大切です。

不眠

人間の体温は起床時に体温が上がり、夜になると徐々に下がるようになっています。睡眠に入る前は、深部体温と呼ばれる身体にたまった熱を下げるために、指先や足先の血管を拡張させて血流を増やして、熱を放散して眠りに入る態勢を整えていきます。しかし、身体が冷えている人は、上手く熱を放散することができないので、寝つきが悪く快適な睡眠をとれない人が多いです。こうならないためには、寝る前にお風呂に浸かり、身体を温めたり、湯たんぽなどで布団の中を温めておくと、質の良い睡眠がとりやすいです。

冷え症に伴う症状については,調査項目がそれぞれの研究で異なるため,比較はできない。しかし,爪の 色,手足の痛み,しびれ,肩こり,しもやけなど末梢 の循環障害を示唆する訴えが多く報告されている。便 秘,不眠など自律神経系の症状も多いとされている。

出典:『冷え症の定義,測定,特徴および妊婦の冷え症に関する文献レビューと今後の研究の方向性』京都大学
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/108552/1/KenkoKagaku_6_57.pdf

胃腸の不調

冷えにより、胃もたれや下痢、便秘になりやすい人がいます。冷たいものは身体を余計に冷やしてしまうので、冷えを自覚している人は、冷たい飲みものや食べものを口にしないようにして、内側から冷やさないことを心がけましょう。腹巻きや湯たんぽなどを利用するのもオススメです。

キューテン博士おすすめCoQ10サプリ
PAGE TOP