効果を実感!コエンザイムQ10サプリ徹底分析コエンザイムQ10のすべてをキューテン博士がわかりやすく解説!
博士が選ぶ!コエンザイムQ10サプリBEST5
ユビキノール・キューテン博士
助手 ユビキノンちゃん

ユビキノール・キューテン博士

助手 ユビキノンちゃん

糖尿病

コエンザイムQ10を摂取することで、糖尿病が改善されることがわかりました。

コエンザイムQ10は、血中のコレステロール値を引き下げてくれるだけでなく、抗酸化作用を持った成分です。糖尿病を患う人は、肥満の人が多いので、抗酸化作用がダイエットをサポートしてくれ、結果的に糖尿病が改善されるのです。

糖尿病の人は日本にどれくらいいる?

厚生労働省の資料によると、糖尿病は以下のように報告されています。

「糖尿病が強く疑われる者」の割合は、12.1%であり、男女別にみると男性 16.3%、女性 9.3%である。「糖尿病の可能性を否定できない者」の割合は 12.1%であり、男女別にみると男性12.2%、女性 12.1%である。 「糖尿病が強く疑われる者」は約 1,000 万人と推計され、平成9年以降増加している。また、「糖尿病の可能性を否定できない者」も約 1,000 万人と推計され、平成9年以降増加していたが、平成 19 年以降減少している。 「糖尿病が強く疑われる者」のうち、現在治療を受けている者の割合は 76.6%である。男女別にみると男性で 78.7%、女性で 74.1%であり、男女とも有意に増加している。性・年齢階級別にみると、40 歳代男性では治療を受けている割合が他の年代よりも低い。

出典:厚生労働省:平成 28年 国民健康・栄養調査結果の概要[PDF]
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou_7.pdf

このことからわかるように、糖尿病は男女差がそれほどないのですが、糖尿病が強く疑われる者は約1,000万人にも上ると推計されています。 全国的に見て、糖尿病はかなりの高確率で患う人が多いと言うことがわかります。

コエンザイムQ10と糖尿病の関係

コエンザイムQ10は、インスリン感受性を改善し、血糖値を調節する働きがあると言われています。

また、抗酸化作用があることから、酸化的ストレスの軽減、細胞の損傷の防止、糖尿病による代謝物質不全の予防など、糖尿病を改善するための働きが様々あります。

実際の研究でも、コエンザイムQ10を摂取したところ、血糖値の平均レベルが低下したと言う結果も出ています。

コエンザイムQ10が不足して起こり得る症状

人間の身体にはコエンザイムQ10が存在していますが、体内から不足すると、様々な症状が出てきます。

  • 倦怠感がある
  • 疲れやすい
  • 肩が凝りやすい
  • 頭痛が起こりやすい
  • 手足が浮腫んだり冷えたりする
  • 血行が悪くなる
  • 風邪をひきやすくなる
  • 肌アレを起こす

一部ですが、コエンザイムQ10が不足するとこのような症状が出る可能性があります。

糖尿病を自分で改善する

糖尿病を自分で改善しようと思ったら、徹底した食事管理、適度な運動が必要不可欠です。しかし、実際のところ食事管理や運動を行って、自力で糖尿病を改善できる人は少ないのが現状です。病院を受診すれば、「インスリン」を注射することで改善が見込めます。

また、コエンザイムQ10を摂って糖尿病を改善していく人もいます。ただし、すでに医師から処方されている薬を飲んでいる方は、今飲んでいる薬と併用してコエンザイムQ10を飲んでも良いか、主治医に相談しなければなりません。

コエンザイムQ10はあくまでもサプリメントなので、身体への副作用は心配ないのですが、薬によっては飲み合わせて相乗効果が得られるものや、反対に飲み合わせに不向きなものもあります。その点をしっかりと確認してから飲むようにしましょう。

また、コエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類あります。以前はほとんどが酸化型コエンザイムQ10だったのですが、酸化型は体内で還元型に変換する必要があり、加齢や病気、ストレスなどで還元型の割合が低下してしまい、体内に十分に取り込むのが難しいです。ですから、コエンザイムQ10を選ぶときは「還元型」のものを選ぶようにしましょう。

キューテン博士おすすめCoQ10サプリ
PAGE TOP