効果を実感!コエンザイムQ10サプリ徹底分析コエンザイムQ10のすべてをキューテン博士がわかりやすく解説!
博士が選ぶ!コエンザイムQ10サプリBEST5
ユビキノール・キューテン博士
助手 ユビキノンちゃん

ユビキノール・キューテン博士

助手 ユビキノンちゃん

美肌

キレイな美肌はいつでも女性の憧れの的です。コエンザイムQ10サプリを摂取すると美肌になれるメカニズムと口コミを紹介します。

コエンザイムQ10の美肌効果

肌荒れに悩む女性コエンザイムQ10の効果に「美肌」があげられることは、多くの女性が知っていることでしょう。これはコエンザイムQ10の効果をうたう化粧品やサプリで、「肌のハリやツヤが戻ってくる」「肌がぷるぷるになる」などと美肌効果をアピールしているため、「コエンザイムQ10=美肌効果」という図式ができあがっているのです。

ただ、どうしてコエンザイムQ10が美肌に良いのかを知っている人は意外と少ないもの。ここではその理由を解説します。

抗酸化作用と細胞活性化作用で美肌に

美肌の敵となるのがシワやシミ、くすみ、乾燥など。それらを引き起こしているのが“肌老化”です。

全ての細胞には、コエンザイムQ10がもともと存在しているのですが、年齢を重ねたり日々の生活をするうえで紫外線やストレスなどによって活性酸素が蓄積したりすることで、細胞内のコエンザイムQ10が減っていきます。コエンザイムQ10が減少すると皮膚の細胞も衰えて酸化していき、肌のハリやツヤが失われていきます。

コエンザイムQ10の美肌へのキーワードは「抗酸化作用」と「細胞の活性化」です。コエンザイムQ10が加齢や日常のダメージにより減ることは仕方がないことなので、体外からコエンザイムQ10を摂取して細胞内に新しくコエンザイムQ10を補っていくことが大切です。コエンザイムQ10が十分に補われると肌本来の機能が高まり、抗酸化作用によりダメージを受けることも少なく、細胞が活性化して肌のツヤやハリが復活。年齢に負けない美肌を取り戻すことができます。

美肌に関する口コミ評判

ダイヤ運動をするように心がけつつ、コエンザイムQ10サプリを摂り始めました。地道に3ヶ月続けたところ、周囲の人たちから肌がつるつるしていると言われることが多くなりました。確かに今までよりも腕やお腹、お尻などがなめらかになったかも。

ダイヤすごい乾燥肌で口周りが白くカサカサになってしまうほどでした。ある日コエンザイムQ10がアンチエイジングに効果的だと聞いて飲むことに。今まであれほど悩んでいた乾燥肌が改善されて、とても嬉しいです。

ダイヤ肌の状態がものすごく良くなりました。今までにないくらい柔らかくすべすべな肌に。いつも体調があまり良くない時はニキビができていたのですが、最近は肌荒れしにくくなりました。肌の調子が良いと、いろんなことに前向きになり、やる気が出ます。

美肌効果を実感できるコエンザイムQ10サプリBEST5>>

紫外線によるシミの発生を抑える?

紫外線によるシミ

紫外線対策をしっかりしていても、シミができてしまうことはあります。しかし、紫外線から負けない強い肌を作ることはできます。強い肌を作れば、紫外線を浴びてもすぐにシミにつながることはありません。 今、肌を強くする成分として注目を集めているのが、コエンザイムQ10です。イワシやサバなどの青魚に多く含まれており、抗酸化作用や細胞のエネルギー生産を高める作用などが主な働きになります。

コエンザイムQ(以下CoQ)は、ATP合成に必須の分子であり、参加型のユビキノール(UQ)と、その還元型であるユビキノン(UQH2)が存在する。さらに、UQH2は活性酸素を消去する抗酸化作用を持つことが知られている。 CoQ10の生体内含量が年齢を重ねるにつれ減少することなどから、サプリメントとしての摂取が推奨されている。また化粧品にも多数含まれており、美肌効果や肌の若返り作用、抗酸化作用などが期待されている。

出典:『コエンザイムQ10 (CoQ10)の美肌、抗老化作用におけるミトコンドリア移行の意義』同志社大学生命科学部 斎藤 芳郎
http://www.cosmetology.or.jp/research_report/archives/2011/fullVersion/Cosmetology%20Vol19%202011%20p66-69%20Saito_Y.pdf#search=%27%E3%82%B3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%A0Q10+%E6%96%87%E7%8C%AE%EF%BD%8E%27

コエンザイムQ10を多く含むイワシやサバ、豚肉には抗酸化作用があり老化防止や美白対策にとても効果が高いといわれています。

ビタミンCやビタミンEも紫外線対策になる栄養素として代表的な成分ですが、単体でとるよりもコエンザイムQ10と一緒にとることをオススメします。なぜならコエンザイムQ10はビタミンEと一緒にとることで、ビタミンEの抗酸化力をより一層高める作用があるからです。

シワに効果があるって本当?

コエンザイムQ10 はシワにも効果があるといわれています。肌のハリが失われることが原因でシワになるのですが、一度できてしまうと、改善されにくいといわれています。ですから、日ごろからシワを作らないような肌作りが大切です。シワを作らないためには肌のハリを出すことが大事ですので、コエンザイムQ10やプラセンタなど肌の機能を向上させたり、ハリをサポートする成分が入っているものがオススメです。 特に、シワが気になる首やほうれい線などには、保湿効果があるコエンザイムQ10入りのクリームがオススメです。 ほうれい線の場合は、小鼻の横を優しくマッサージした後、顔の中心から外側にほうれい線を伸ばすイメージで塗り込んでいきます。 首筋のシワの場合は、胸元からあごに向けて、優しくなで上げるように丁寧に馴染ませると、肌がふっくらとしてシワができにくくなります。

コエンザイムQ10の研究によれば、平均2週間程度継続して摂取を続ければ、実際にシワの深さ、長さ共に目立たなくなるという報告があります。 美肌成分と呼ばれるものはたくさんありますが、それらの成分と比較しても、非常に短い期間で成果が得られることが分かっています。また、それ以上に長期間摂取し続けることによって、シワの改善だけではなく肌の角質層の水分蒸散量が減ったり、乾燥肌の改善、肌荒れの改善などの効果も期待できます。

ターンオーバーを促してくれる?

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、新しい細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでのことをいいます。つまり、皮膚の新陳代謝(肌の細胞の生まれ変わり)のことです。一般的に、ターンオーバーは、おおよそ28日周期といわれており、ターンオーバーが正常であれば、紫外線によって蓄積されたメラニンは基底層から角層まで押し上げられて、角質とともに垢として剥がれ落ちます。つまり、ターンオーバーが正常に働いていないと、美しいお肌は維持できないということです。

皮膚が酸化して起こる症状は、シワやたるみ、シミなどが挙げられます。美肌を保つためには、肌を酸化させないように気をつけなければなりません。日常的に抗酸化作用のあるコエンザイムQ10を補うことで、ターンオーバーが正常に働きやすくなるので、細胞の酸化が防がれ肌の若々しさがキープされるのです。

キューテン博士おすすめCoQ10サプリ
PAGE TOP