効果を実感!コエンザイムQ10サプリ徹底分析コエンザイムQ10のすべてをキューテン博士がわかりやすく解説!
博士が選ぶ!コエンザイムQ10サプリBEST5
ユビキノール・キューテン博士
助手 ユビキノンちゃん

ユビキノール・キューテン博士

助手 ユビキノンちゃん

疲労回復

毎日の疲れは翌日に残したくないもの。コエンザイムQ10サプリには疲労回復効果があります。その理由と効果を実感した方の口コミを紹介します。

コエンザイムQ10の疲労回復効果

疲れがとれない男性毎日忙しく働いている日本人は、長期間に渡って疲れがたまっている方が多くいます。

コエンザイムQ10サプリを摂取した方の口コミには、「疲れにくくなった」「だるさや疲労感が取れた」といった疲労回復を実感した声が多く見受けられます。コエンザイムQ10を摂取するとなぜ疲れが取れるのでしょうか。そのメカニズムを紹介します。

疲労はエネルギー不足から起きる

コエンザイムQ10は、もともと人間の体内に存在している成分です。細胞のあちこちに存在していて、毎日活動するうえで必要なエネルギーを作り出す働きを持っています。このコエンザイムQ10が不足すると活動に必要なエネルギーも不足しがちになり、ひと晩寝るだけでは回復できないほど疲れがどんどん溜まってしまうのです。回復できない疲れをそのまま放っておくと、慢性疲労になってしまうことも。

このような状態は体のエネルギー不足によるものなので、エネルギーの生成を助ける成分を体に補ってあげることが有効です。コエンザイムQ10は体内に摂りいれた栄養素をエネルギーに効率良く変換する働きを担っているため、疲れた体を素早く回復させることができます。

ただし、体内のコエンザイムQ10は加齢やストレスなどによって減少してしまうため、「疲れた」と感じたらサプリなどできちんと補ってあげることが大切です。コエンザイムQ10のサプリを愛用している方が「疲れが回復した」と感じるのも、サプリの摂取により体内のコエンザイムQ10が補われて、エネルギーがしっかり生成できるようになったからだと考えられます。

特に40代、50代になると若い頃よりも格段に疲れがたまりやすくなるのを実感しているはず。疲労感が続くと、日々の生活もおっくうになりがちになるので、コエンザイムQ10のサプリできちんと疲労回復して、毎日を元気に過ごしたいものです。

疲労回復に関する口コミ評判

ダイヤ年齢のせいか体がいつもだるくて重い感じがしていました。コエンザイムQ10のサプリを飲んでからは体が軽くなり、若い時に戻ったような感じです。パワーの源として、今後も飲み続けたいです。

ダイヤ忙しさにかまけてコエンザイムQ10のサプリをしばらく飲まなかったら、少しの運動でもぐったりしたり、しっかり眠ったはずなのに目覚めが悪くなりました。そこでまたコエンザイムQ10のサプリを再開。1ヶ月ほどで以前のようにシャキシャキ動けるようになり、サプリがきちんと効いていたことを実感しました。これからは忘れずしっかり飲み続けたいと思います。

ダイヤ去年から起きぬけの体がだるく、座り込むことが多くなっていました。そこでコエンザイムQ10を飲み始めたのですが、不思議なくらいスッキリとした目覚めで、体が軽いです。今は朝の食事の支度も楽しくできるようになりました。

疲労回復効果を実感できるコエンザイムQ10サプリBEST5>>

コエンザイムで疲労回復と成人病予防

コエンザイムには疲労回復効果があると言われています。それを証明しているのが以下の消費者庁の文献です。

対象文献の1日摂取量や人種の違いを考慮すると非直接性が軽度から中等度 であるが、機能性関与成分100mg摂取により疲労感軽減[1-2]が、150mg摂 取により疲労感軽減及び身体的活動量の増加[3]が、さらに機能性関与成分 300mg摂取により身体的活動能力の向上[4]が認められた。以上より、本機能 性関与成分の有効な1日あたりの摂取量は100~300mgであると示唆され、 機能性関与性分を1日あたり100~300mg摂取することによって、「日常の生 活で生じる一過性の身体的疲労感の軽減に役立つ」ことが期待できると判断 した。

出典:『機能性の科学的根拠に関する点検表』消費者庁
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/A196-kinou.pdf#search=%27%E3%82%B3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%A0+%E6%96%87%E7%8C%AE%27

コエンザイムって何?

コエンザイムは、人間の体にある60兆個の細胞のほとんどに存在していると言われる「補酵素」のことです。主な働きとしては、心機能アップ、血圧低下、疲労回復、肌の老化防止などが有名です。20歳頃をピークにコエンザイムは徐々に減少していきます。生命活動に必要不可欠な成分ですが、心臓の減少率は最も高く、40歳前後でピーク値の30%、80歳前後では50%以上が失われてしまうと言われています。

コエンザイムは、疲労回復効果だけでなく、成人病予防の効果も期待できると言われています。成人病というのは、がんや心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧症、動脈硬化などが挙げられます。中年~高齢がかかる病気ではなく、30歳代の若い世代にもよく見られるようになったことから、今は成人病という言葉よりも、「生活習慣病」と呼ばれることの方が多いです。

コエンザイムには強力な抗酸化作用があるため、悪玉コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防してくれます。逆を言えば、コエンザイムQ10 が不足してしまうと、生活習慣病にかかりやすいということです。

コエンザイムで疲労回復とアンチエイジング対策

コエンザイムを摂取し続けると、疲労回復に役立つことがわかりました。そしてもう一つ忘れてはいけないことは、コエンザイムはアンチエイジング対策にもなるということです。実際に研究を行って、アンチエイジングに対するコエンザイムの働きもわかっています。

老化促進モデルマウスを用いた研究では,運動性や毛並みなどを評価した老化度評価において,還元型CoQ10摂取により有意な老化の遅延が見られた17)。
ヒトを対象にした長期研究では,愛媛県上島町在住の124名の成人(男性36名女性88名,22~88歳)を対象に12カ月間,還元型CoQ10を1日100 mg継続摂取してもらい,摂取前後の血中CoQ10濃度の測定とQuality of Life(QOL)をSF-36質問票により評価している18)。その結果,男性参加者ではSF-36のいずれの項目でも有意な変化は見られなかったが,女性参加者ではSF-36サブスケールのうち,日常役割機能,活力,社会生活機能,心の健康,精神系サマリーなど,主に精神系のQOLスコアが有意に改善した。

出典:『コエンザイムQ10』日本歯周病学会会誌
https://www.jstage.jst.go.jp/article/perio/59/2/59_63/_html/-char/ja/

アンチエイジング以外にも、精神系の改善にも役立つコエンザイムQ10 。そもそも、アンチエイジングというのは、「老化防止」「老化予防」ということです。アンチエイジングに必要不可欠と言われているのが、「活性酸素を排除すること」です。この活性酸素が蓄積されると、シミやそばかす、しわなどの老化現象はもちろんのこと、動脈硬化や、糖尿病、ガン、老人性認知症などの原因にもなると言われています。

そこで注目したいのがコエンザイムQ10 です。特に、「還元型コエンザイムQ10 」と呼ばれるものの特徴ですが、エネルギーを作り出すだけでなく、抗酸化の役割も果たしてくれます。抗酸化の役割があるということは、活性酸素を排除する働きがあるということなので、アンチエイジング対策にはぴったりだということです。

キューテン博士おすすめCoQ10サプリ
PAGE TOP